材料引張り試験の荷重ー変位カーブからHyperStudy でRADIOSS の弾塑性材料パラメータを同定する例題

材料引張り試験の荷重ー変位カーブからHyperStudy でRADIOSS の弾塑性材料パラメータを同定する例題

RADIOSS の Johnson-Cook 弾塑性材料 /MAT/PLAS_JOHNS のパラメータを HyperStudy で最適化し、材料試験の荷重―変位曲線に合わせこむ例題です。何らかの理由で、信頼できる応力―ひずみグラフを入手できない場合に有効です。また、本例題では引張り試験を扱いますが、三点曲げ試験など、荷重と変位の関係が得られる試験であれば、同じ方法が適用できます。
本書が対応しているバージョンは RADIOSS 14.0.230、HyperWorkdDesktop 14.0.130 です。

Have a question or comment?

Post your comment/question on our user forum.